名古屋トヨペット、シスコのユニファイドコミュニケーションを導入 | RBB TODAY

名古屋トヨペット、シスコのユニファイドコミュニケーションを導入

 シスコシステムズは22日、同社のユニファイドコミュニケーションが名古屋トヨペットに導入されたと発表した。

エンタープライズ その他
名古屋トヨペットネットワーク構成イメージ
  • 名古屋トヨペットネットワーク構成イメージ
 シスコシステムズは22日、同社のユニファイドコミュニケーションが名古屋トヨペットに導入されたと発表した。

 今回導入されたのは、「Cisco Unified CallManager」や「Cisco Unity」、QoSルーターなどで構成されるユニファイドコミュニケーションシステムで、、ボイスゲートウェイ経由で公衆交換電話網と接続されている。また、2,300台以上のIP電話も導入され、既存のCRMシステム「NOA(Network Organization Assist System)」と連携しているのが特徴だ。IP電話の番号はすべての担当者に「個人番号」として割り当てられ、顧客からの電話を担当者が直接受けることができるほか、外出時にはIP電話への着信を携帯電話に転送できるようになった。また、パソコンの画面に表示された電話番号をクリックするだけで発呼できる「クリックトゥダイヤル」や、取引履歴がある顧客から着信すると自動的に顧客情報が画面に表示される仕組みも実現された。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top