OKI、ETC対応のゲート管理システムを自社駐車場に設置・ショーケース化 | RBB TODAY

OKI、ETC対応のゲート管理システムを自社駐車場に設置・ショーケース化

 OKIは15日に、サンポールと共同開発した「ETC車載器対応DSRCゲート管理システム」を、東京都港区芝浦の自社駐車場に設置し、顧客へのショーケースとして活用すると発表した。

エンタープライズ その他
システム・イメージ図
  • システム・イメージ図
 OKIは15日に、サンポールと共同開発した「ETC車載器対応DSRCゲート管理システム」を、東京都港区芝浦の自社駐車場に設置し、顧客へのショーケースとして活用すると発表した。

 DSRC(Dedicated Short-Range Communication)は、狭域通信システムにおいて利用される無線通信技術で、ETCのキー技術として世界的に導入が進められているものだ。本システムでは、社有車の入退場管理用としてETC車載器を自動車認証システムに利用しており、OKIの駐車場で、動作状況の確認や自動車の事前登録作業を実際に体験可能となっている。

 ETC車載器はユニークなID(WCN・利用車番号)を持ち自動車に固定されていることなどから、認証ミスがなく、なりすましも困難なため、高いセキュリテイレベルを有しているとのこと。また、ETC車載器が装備された自動車であればあらたな車載機器を必要としないのも特長だ。

 OKIはこれまでに、約400レーンの全国の有料道路の料金所にETCを納入しており、その実績により培ってきた技術やノウハウを基に、現在は高速道路以外の分野においても、ETCを応用したさまざまなシステムやサービスの開発とその普及に注力している。同社では、今回の「ETC車載器対応DSRCゲート管理システム」の自社駐車場における自動入退場システムとしての設置・ショーケース化を期に、普及への加速を図っていきたいとしている。

 なお本システムは「ワイヤレスジャパン2008」(7月22日〜24日@東京ビッグサイト)のOKIブースにて簡易デモが展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top