ソニー、バウンス撮影時に素早く縦・横構図を切り替えられる一眼レフカメラ用フラッシュ | RBB TODAY

ソニー、バウンス撮影時に素早く縦・横構図を切り替えられる一眼レフカメラ用フラッシュ

 ソニーは7日、業界初の回転機構「クイックシフトバウンス」を搭載する一眼レフカメラ用フラッシュ「HVL-F58AM」を発表。8月28日に発売する。価格は63,000円。

IT・デジタル デジカメ
HVL-F58AM
  • HVL-F58AM
  • 使用イメージ
 ソニーは7日、業界初の回転機構「クイックシフトバウンス」を搭載する一眼レフカメラ用フラッシュ「HVL-F58AM」を発表。8月28日に発売する。価格は63,000円。

 同製品は、左右方向に90度に回転できる「クイックシフトバウンス」機構を備えた一眼レフカメラ用フラッシュ。独自の回転機構で、縦・横構図を切り換える際に一回の回転操作で同様の配光パターンを維持できる。また、本体操作部(液晶表示部とスイッチ部)が発光部と一体に回転。縦位置撮影時でも正位置と同じように操作・確認が可能。内蔵キャッチライトシートも縦・横の両撮影位置で有効に使用できる。

 焦点距離105mm、ISO100・mのガイドナンバー58に対応。同社製デジタル一眼レフカメラ「α700」に装着して任意の光量比を設定すれば、最大3つのグループに分けた複数のフラッシュをワイヤレスで光量比制御できる。

 そのほかの機能として、フラッシュ光の色温度情報をカメラと交信し、発光条件に応じたホワイトバランスに最適化する「ホワイトバランス自動補正」、撮像素子のサイズ(フルサイズ/APS-Cサイズ)に応じて配光を自動で制御する「画面サイズ最適化ズーム制御」、カメラ本体のパワーON/OFFに連動した「パワーセーブ」などを備える。

 焦点距離は24〜105mm(内蔵ワイドパネル使用時は16mm〜)。バウンス角度は下10度/上150度。発光間隔は約5秒。発行回数は約100回以上。光量レベルは1/1、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32の6段階。バッテリは単3形乾電池×4本、または単3形乾電池×6本使用の外部電池アダプタ。本体サイズは幅77×高さ147×奥行き106mm。重さは440g。付属品はキャリングケース/スタンドなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top