強固なエンドポイントセキュリティを実現したL2+コンパクトセキュリティギガビットスイッチ | RBB TODAY

強固なエンドポイントセキュリティを実現したL2+コンパクトセキュリティギガビットスイッチ

IT・デジタル ノートPC
DGS-3200-16
  • DGS-3200-16
 ディーリンクジャパンは4日、L2+コンパクトセキュリティギガビットスイッチ「DGS-3200シリーズ」の新製品「DGS-3200-16」を発表。8月末からの出荷を予定している。価格は113,400円。

 DGS-3200-16は、同シリーズで先行発売されている1000BASE-Tポートを10ポート搭載した「DGS-3200-10」(価格52,290円)の上位機種。ポート数を16に増加しているほか、温度可変式静音ファンの搭載により50度の室温環境にまで対応する仕様とし、サーバールームはもちろん、マンションの集線ボックスなどでの設置も可能にしている。

 コンパクトなボディに1000BASE-Tポートと2つのSFPコンボポートを搭載し、光ファイバーへの接続も可能。仮想スタックや先進L2+機能と組み合わせることで、デスクトップからのギガビット接続のみならずバックボーンスイッチと共に全社的なネットワーク環境の増強まで可能にする。

 検疫・認証で強固なエンドポイントセキュリティを実現し、NAPや「NOSiDE Inventory Sub System 2007」などの検疫ソリューションへ対応。IEEE802.1×ポートベース/MACベース認証や、Webベース/MACアドレス認証アクセスコントロールをサポートするほか、認証/未認証のユーザーの動的なアクセス制御を実現するポート/MACベース ダイナミックVLANもサポートしている。

 ほかのおもな搭載・対応機能は以下のとおり。

 シングルIPマネージメント(SIM)対応、IPv4/v6アクセス制御をはじめとするL2+機能、L2/L3/L4マルチレイヤアクセスコントロール、QoS/CoS機能対応、トラフィックモニタリング/帯域制御、SNMPv1/v2c/v3、RMON v1/v2、GUI/CLIによる設定/マネージメントほか。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top