アジレント、PCをオシロスコープにするUSB接続式モジュラ型測定器群を発表 | RBB TODAY

アジレント、PCをオシロスコープにするUSB接続式モジュラ型測定器群を発表

エンタープライズ モバイルBIZ

Agilent U2700シリーズ USBモジュラ測定器
  • Agilent U2700シリーズ USBモジュラ測定器
 アジレント・テクノロジーは1日より、手持ちのパソコンをオシロスコープやファンクション・ジェネレータなどとして利用できるUSB接続のモジュラ型測定器「Agilent U2700シリーズ USBモジュラ測定器」の販売を開始した。

 「Agilent U2700シリーズ」は、低価格のモジュラ型測定器で、機能テストや障害解析をはじめとする幅広い用途向けの製品。「U2701A/U2702A」(リングレートのUSBモジュラ型オシロスコープ)、「U2761A 20MHz」(サイン波、方形波、三角波、パルス波、ランプ波、変調波、任意波形などを発生できるUSBモジュラ型ファンクション・ジェネレータ)、「U2722A」(テストポイント測定、電流・電圧源/測定、抵抗測定などの4機能を搭載したUSBモジュラ型ソース/メジャーユニット)、「U2751A」(32チャンネル対応のUSBモジュラ型スイッチマトリックス)の4製品となる。

 パソコンと直接接続してスタンドアロンのオシロスコープやファンクション・ジェネレータなどとして使えるほか、シャーシに搭載して測定システムとして利用することも可能となっている。シャーシに搭載する場合は、機能の異なるモジュールを搭載しても、マスター/スレーブ トリガ機能により他スロットとの同期をとっての測定が可能とのこと(スイッチマトリックスを除く)。モジュールは後から拡張することも可能だ。

 同梱のソフトウェア「Agilent Modular Instruments Measurement Manager」は、GUIによる直観的な操作で必要な機能に簡単にアクセスでき、プログラムを組むことなく測定を行うことが可能だ。IVIドライバが同梱されており、Agilent VEE、C#、C++、Microsoft Visual Basic、LabVIEWなどを使ってプログラムを組むこともできる。

 参考販売価格は「U2701A」税込169,771円、「U2702A」208,627円、「U2761A」210,076円、「U2722A」273,194円、「U2751A」121,910円。販売開始後1年間で1000台(5モデル合計)の販売を目標とするとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top