堺市、関西電力、シャープ、堺市臨海部にメガソーラー発電施設2カ所を共同で建設 | RBB TODAY

堺市、関西電力、シャープ、堺市臨海部にメガソーラー発電施設2カ所を共同で建設

ブロードバンド その他

広域図-拡大図
  • 広域図-拡大図
  •  大阪府堺市、関西電力、およびシャープは23日、大阪府堺市臨海部におけるメガソーラー発電計画を共同で推進することで合意した。
  • 堺コンビナート太陽光発電施設
 大阪府堺市、関西電力、およびシャープは23日、大阪府堺市臨海部におけるメガソーラー発電計画を共同で推進することで合意した。

 同計画では、堺市西区の産業廃棄物埋立処分場「堺第7-3区」において、関西電力が太陽光発電所を建設する、発電出力約10MWの「堺第7-3区太陽光発電所(仮称)」と、シャープと進出企業によるコンビナートの各工場の屋根上等に、シャープと関西電力グループが共同で太陽光発電施設を設置し、コンビナート内で自家消費電力として使用する、発電出力最大18MW(当初約9MW)の「堺コンビナート太陽光発電施設(仮称)」の2カ所のメガソーラー発電施設の建設が予定されている。これらの発電施設には、シャープが平成22年3月までに稼働を予定している太陽電池新工場で生産する薄膜シリコン太陽電池モジュールが採用される予定だ。

 これらの発電施設の出力を合わせると世界最大級の太陽光発電規模となる約28MWとなり、同計画によるCO2削減量は合計で年間約1万トンとなる見込みだ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top