【CATVショー2008 Vol.2】WiMAXでもフェムトセル | RBB TODAY

【CATVショー2008 Vol.2】WiMAXでもフェムトセル

エンタープライズ モバイルBIZ

 ケーブルテレビショー 2008では、多くのWiMAXの基地局や端末を展示しているが、フジクラのブースでは、韓国KoreaTelecomが家庭内をWiMAXのエリアにできるフェムトセルのアクセスポイント「Home AP」を展示している。
  •  ケーブルテレビショー 2008では、多くのWiMAXの基地局や端末を展示しているが、フジクラのブースでは、韓国KoreaTelecomが家庭内をWiMAXのエリアにできるフェムトセルのアクセスポイント「Home AP」を展示している。
  •  ケーブルテレビショー 2008では、多くのWiMAXの基地局や端末を展示しているが、フジクラのブースでは、韓国KoreaTelecomが家庭内をWiMAXのエリアにできるフェムトセルのアクセスポイント「Home AP」を展示している。
 ケーブルテレビショー 2008では、多くのWiMAXの基地局や端末を展示しているが、フジクラのブースでは、韓国KoreaTelecomが家庭内をWiMAXのエリアにできるフェムトセルのアクセスポイント「Home AP」を展示している。

 一般的なWiMAXの基地局は、半径数百メートルから数キロメートルをカバーするが、Home APは、数十メートル程度で無線LANやコードレスホンと同等のエリアをカバーするフェムトセルの基地局だ。ブロードバンド回線とWiMAX対応機器とを接続するために利用する。

 これにより、外出先でも室内でもWiMAXによる接続が利用できるため、端末にWi-Fiのモジュールを搭載する必要がなくなる。

 なおKoreaTelecomでは、WiMAXを基礎にした通信技術「WiBro」でサービスを提供している。このHome APはWiBroに対応するものだが、WiMAXへの応用も可能だ。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top