ソニー、世界初! 動画撮影中に笑顔写真を自動撮影できる新「ハンディカム」 | RBB TODAY

ソニー、世界初! 動画撮影中に笑顔写真を自動撮影できる新「ハンディカム」

IT・デジタル その他

HDR-CX12
  • HDR-CX12
  • 液晶ディスプレイ展開時
 ソニーは19日、手のひらサイズのデジタルビデオカメラ「ハンディカム」シリーズの新モデルとして、動画撮影中に笑顔の写真を自動で撮影する「スマイルシャッター」機能搭載の「HDR-CX12」を発表。7月20日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は130,000円前後。

 同製品は、人物の顔を検出してピントや明るさなどを自動調整し、顔部分を鮮明で美しく撮影できる「顔検出」機能をさらに進化させた「スマイルシャッター」機能を、ビデオカメラでは世界で初めて搭載。動画撮影中に自動で笑顔を認識し、動画と同時に最大760万画素相当(16:9撮影時)の笑顔写真を残せる。また、「スマイル検出設定」を「常時」に設定すると、静止画モード時は最大1,020万画素相当(4:3撮影時)のさらに高画質な写真を撮影できる。

 映像記録方式はAVCHD規格、映像圧縮はMPEG-4 AVC/H.264方式を採用し、1,920×1,080iのハイビジョン映像で撮影可能。動画・写真データはメモリースティックに保存し、付属の8GBメモリースティックで最長約3時間の動画を保存できる。

 同社製デジタル一眼レフカメラ「α700」などに搭載する「Exmor」のノイズ低減技術を、最新の1/3.13型「クリアビッドCMOSセンサー」に採用。アナログとデジタル信号双方でノイズを除去するデュアルノイズリダクション回路を搭載。光を捉え電気信号に変換する初期段階からノイズを除去するので、高感度域までノイズを極力抑えた高品位な画質を再現するという。また、CXシリーズとして新たに搭載した画像処理エンジン「BIONZ」との組み合わせで、動画・静止画ともに高解像度・高感度・低ノイズの高精細ハイビジョン映像で記録できる。

 そのほか、約1秒で高速起動する「クイックオン」や、「日付インデックス」「フェイスインデックス」「フィルムロールインデックス」の3種類による検索、アクティブレンズ方式の光学式手ブレ補正などの機能を搭載する。

 有効画素数は、動画381万画素/静止画508万画素。ズームは光学12倍/デジタル150倍。開放F値はF1.8〜3.1。焦点距離は35mm換算で4.9〜58.8mm(16:9時は40〜480mm)。ディスプレイは2.7型タッチパネル液晶。インターフェースはHDMI/S映像/D3・D1/ビデオ映像など。バッテリはリチウムイオン充電池で、付属バッテリでの連続撮影時間は約1時間40分。本体サイズは幅69×高さ67×奥行き129mmで、重さは370g(付属バッテリ未装着時)。付属品はメモリースティックとバッテリのほかに、電源コード/ハンディカムステーション/D端子ケーブル/USBケーブル/ワイヤレスリモコンなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top