ダイヤテック、FILCOブランドのUSB外付け型タッチパッド3製品 | RBB TODAY

ダイヤテック、FILCOブランドのUSB外付け型タッチパッド3製品

 ダイヤテックは19日、FILCOブランドの新製品として、USB接続の外付け型タッチパッド「Smart Track」シリーズ3製品を発売した。対応OSはWindows Vista/XP。いずれも価格はオープン。

IT・デジタル ノートPC
Smart Track Pro
  • Smart Track Pro
  • Smart Track Standard
  • Smart Track Lite
 ダイヤテックは19日、FILCOブランドの新製品として、USB接続の外付け型タッチパッド「Smart Track」シリーズ3製品を発売した。対応OSはWindows Vista/XP。いずれも価格はオープン。

 今回発表されたSmart Trackシリーズは、ノートPCなどで広く採用されるタッチパッドを搭載したポータブルタイプの入力デバイス。タッチパッドを指先で操作することで、クリックやドラッグなどのPC操作を行える。タッチパッドの面積やボタン数の異なる3モデルを用意しており、広いサイズのタッチパッド/4ボタン搭載の上位モデル「Pro」(型番:GP-415UB)の予想実売価格は8,980円、同じく広いサイズのタッチパッド/4ボタン搭載の下位モデル「Standard」(型番:GP-410UB)は7,480円、標準サイズのタッチパッド/2ボタン搭載モデル「Lite」(型番:ATP-400UB)は4,980円。

 3モデル共通の仕様として、付属ソフトを利用することで、搭載する各ボタンの機能割当や、スクロール、クリック音などの設定が可能。なお、上位モデルProは、搭載する4ボタンに加えて、タッチパッド内に機能割当が可能な4つのエリア「ホットリンク」を装備する。

 タッチパッドのサイズは、Pro/Standardの2モデルが共通で横77.2×縦54.1mm、Liteは横60.8×縦44.7mm。本体サイズはPro/Standardの2モデルが幅111.7×高さ13×奥行き101.5mm、Liteは幅85.5×高さ16.5×奥行き118mm。ケーブル長は3モデルとも共通で1.7m。
《花》

関連ニュース

特集

page top