ソニー、Blu-rayレコーダーのパーツが紫外線によって変色の可能性——無償修理実施 | RBB TODAY

ソニー、Blu-rayレコーダーのパーツが紫外線によって変色の可能性——無償修理実施

 ソニーは、Blu-rayレコーダー「BDZ-X90」の初期生産製品において、強い光が直接当たる環境で使用の場合、光に含まれる紫外線によって、本体前面上部のアルミパーツが変色する場合があると発表した。

IT・デジタル レコーダー
BDZ-X90
  • BDZ-X90
 ソニーは、Blu-rayレコーダー「BDZ-X90」の初期生産製品(製造番号8000001〜8014686)において、強い光が直接当たる環境で使用の場合、光に含まれる紫外線によって、本体前面上部のアルミパーツが、通常の“チタンシルバー色”から“紫がかったシルバー色”になる場合があると発表した。

 本体の性能には一切影響がないということだが、2008年6月23日から2009年12月31日までの間、“チタンシルバー色”へのパーツ交換に無償で対応する。

 対象製品型番は以下のとおり。

●ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-X90」
 製造番号8000001〜8014686

 問合せ先は以下のとおり。

【修理相談窓口】
●フリーダイヤル:0120-222-330
 上記に連絡の上、最初のガイダンスが流れている間に「100」と「」を押すと、直接、担当窓口につがながる。
●携帯電話・PHS・一部のIP電話等からかける場合:0466-31-2531(有料)
●受付時間:9時〜20時(月曜〜金曜)、9時〜17時(土曜、日曜、祝日)
 年末年始を除く。
●無償対応期間:2008年6月23日から2009年12月31日まで。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top