もっとも危険な国別ドメイントップは香港(.hk)、日本は2番目に安全〜マカフィー調べ | RBB TODAY

もっとも危険な国別ドメイントップは香港(.hk)、日本は2番目に安全〜マカフィー調べ

エンタープライズ その他

 マカフィーは10日、アクセスや検索が危険なWebドメインを発表した。

 同社が同日発表したレポート「悪質なウェブサイトの世界地図:再考」によると、昨年から28ポイント順位を上げた香港(.hk)ドメインが、WebサーフィンやWeb検索をする上でもっとも危険な場所とのことだ。「.hk」ドメインで終わるWebサイトの19.2%がWebユーザにセキュリティ上の脅威をもたらすとされている。2位は中国(.cn)で11%を超えている。一方、、フィンランド(.fi)は0.05%ともっとも安全なドメインになり、日本(.jp)がこれに続いた。

 もっとも危険性が高いジェネリックドメインは、セキュリティ上の脅威をもたらすサイトが全体の11.8%を占めた.infoで、2007年のレポート発表時よりもさらに危険性が高まっている。なお、.infoドメインは全体でも3番目に危険と判定されている。もっとも安全なジェネリックドメインは、政府系Webサイト(.gov)だった。なお、もっとも数が多い.comドメインの危険性については、全体で9位とされている。


危険な国別ドメイン     2008年ランキング   2007年ランキング  
(危険度順)

香港(.hk)           1           28  
中国(.cn)           2           11  
フィリピン(.ph)        4           19
ルーマニア(.ro)        5            4
ロシア(.ru)          8            7
フィンランド(.fi)       74           70
日本(.jp)           72           57
ノルウェー(.no)        71           68
スロベニア(.si)        70           62
コロンビア(.co)        69           64


 Webアクセスによってスパイウェア、アドウェア、ウイルスなどの不審なソフトウェアがダウンロードされる可能性は、2007年と比較して41.5%上昇したほか、着信音やスクリーンセーバーなどのダウンロードを提供しているサイト中、ウイルス、スパイウェア、アドウェアが仕込まれたサイトは、昨年の3.3%から4.7%に上昇した。また、フィリピン(.ph)の危険性は270%、スペイン(.es)の危険性は91%上昇している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top