11月のスパイウェアランキング、国内トップは偽ソフト〜ウェブルート調べ | RBB TODAY

11月のスパイウェアランキング、国内トップは偽ソフト〜ウェブルート調べ

ブロードバンド その他

新しく発見された偽セキュリティソフトの画面
  • 新しく発見された偽セキュリティソフトの画面
  • 画面構成、ワーニング表示などもかなり洗練されてきた感がある
  • このあたりは製品として微妙だが、ユーザーの不安をあおる効果はありそうだ
  • 全体的に日本語表示もこなれてきたかもしれない。要注意だ
 ウェブルート・ソフトウェアは4日に、2007年11月に国内でもっとも多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。

 このランキングは、ウェブルートのスパイウェア検索ツール「Spy Audit(スパイオーディット)」を利用して集められた、最新のスパイウェア情報に基づくもので、ウェブルートが分類するスパイウェアのカテゴリから、「アドウェア」「トロイの木馬」の2つのカテゴリにおけるトップ10を集計している。

 今月は「アドウェア」分野で、偽セキュリティソフトウェアである「DriveCleaner」と「System Doctor 2006」が1位と3位にランクした。ランク外だが偽セキュリティソフトとしてあらたに「AdvancedCleaner」の日本語版も登場している。なおアドウェアの2位には前回と同じく、広告を表示するスタンダードなアドウェアである「Virtumonde」がランクインしている。「トロイの木馬」分野では、「Trojan-Downloader-Zlob」「Trojan-Backdoor-Poebot」「Trojan-Hoja」がトップ3となった。

 偽セキュリティソフトは、いずれの製品も、実際には存在しないセキュリティリスクを過度に報告し、ユーザを不安にさせ、製品版の購入やインストールを促すものだ。このような偽ソフトでは同時に「トロイの木馬」がインストールされる場合もあり、危険度は高い。既存のアドウェアは減少傾向にあるが、一方で、詐欺的なセキュリティソフトは増加傾向にあり、日本語版も減る気配がない。

 いずれにせよセキュリティアップデートをきちんと適用し、ウイルスおよびスパイウェア対策ソフトを導入するなど、ユーザはトロイの木馬への感染を防ぐ対策はもちろんのこと、容易なオンライン上のソフトウェアのインストールに注意すべきだとしている。またウェブルートでは、これらのプログラムを自身でインストールした覚えがない場合、削除を推奨している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top