HP、DC変革支援サービス「HPデータセンター・トランスフォーメーション・ポートフォリオ」 | RBB TODAY

HP、DC変革支援サービス「HPデータセンター・トランスフォーメーション・ポートフォリオ」

エンタープライズ その他

 日本ヒューレット・パッカードは2日、日本市場においてデータセンター変革支援サービス「HPデータセンター・トランスフォーメーション・ポートフォリオ」の展開を開始した。

 その中核として、企業のデータセンターの最適なコンソリデーションを支援する「HPデータセンター・コンソリデーションサービス」、企業のITインフラストラクチャの仮想化を支援する「HPデータセンター・バーチャライゼーション・サービス」、および企業のデータセンターの企画・設計・運用のコンサルティングを行う「HPクリティカル・ファシリティ・サービス」の提供が開始された。また、データセンター・トランスフォーメーションを必要とするユーザー向けに事前にデータセンター・トランスフォーメーションの導入効果を見極める無償サービス「HPデータセンター・トランスフォーメーション・エクスペリエンス・ワークショップ」も開始された。

 HPデータセンター・コンソリデーションサービスは、同社コンサルタントがユーザーのデータセンターの最適なコンソリデーションのために戦略策定、現状分析と課題抽出、設計、移行までの各ステップを包括的に支援するサービス。サービスメニューは、ユーザーのビジネス用件を考慮しながら最適なデータセンター・コンソリデーションの方向性を見いだす「DCC戦略策定サービス」、現状のIT資産とシステム構造を調査・分析し、データセンター・コンソリデーションの方向性を見いだす「DCCディスカバリー・サービス」、コンソリデーションを考慮した新データセンターの設計・計画を支援する「DCCデザイン・サービス」、コンソリデーション五の新データセンターへの移行に伴う課題を定義し、実際の以降作業を支援する「DCC移行サービス」の4つで、それぞれのサービスは単独でも提供可能だ。

 HPデータセンター・バーチャライゼーション・サービスは、同社コンサルタントがユーザーのデータセンターにおける仮想化環境の導入を戦略策定から実際の導入・移行まで包括的に支援するサービス。サービスメニューは、ユーザーのITの状況を考慮して最適な仮想化導入戦略の策定を支援する「DCV戦略策定サービス」、データセンターにおける仮想化されたITインフラストラクチャの設計・計画を支援する「DCVデザイン・サービス」、データセンターの仮想化されたITインフラストラクチャへの実際の移行作業を支援する「DCV移行サービス」の3つで、各サービスは単独でも提供される。

 HPクリティカル・ファシリティ・サービスは、米・Hewlett-Packardが2月13日に合併を完了した米・EYP Mission Critical Facilitiesのノウハウを生かした、2,000平方メートル以上の規模のデータセンターの企画・設計と運用計画に特化したコンサルティング・サービス。サービスメニューは、データセンターそのものの企画・設計を行う前に、現状の調査・分析を行うとともにユーザーのビジネス・ニーズに合わせた新たなデータセンター・ファシリティの戦略と達成目標、移行計画の策定を支援する「クリティカル・ファシリティ・コンサルティング」、実際のデータセンター・ファシリティの設計・開発を行う「クリティカル・ファシリティ・デザイン」、構築したデータセンターのアシュアランス(検証)を行う「クリティカル・ファシリティ・アシュアランス」の3つが用意されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top