HP、1筐体に2台の独立したノードを格納したブレード型サーバ「HP ProLiant BL2x220c G5」 | RBB TODAY

HP、1筐体に2台の独立したノードを格納したブレード型サーバ「HP ProLiant BL2x220c G5」

エンタープライズ その他

HP ProLiant BL2x220c Generation 5
  • HP ProLiant BL2x220c Generation 5
 日本ヒューレット・パッカードは26日、高密度ブレード型サーバ「HP ProLiant BL2x220c Generation 5」、および最小構成がプロセッサ1基のx86サーバ「HP ProLiant DL580 Generation 5 1プロセッサモデル」を発表した。価格はそれぞれ73万5,000円から、49万9,800円。出荷は6月の下旬より開始される。

 HP ProLiant BL2x220c Generation 5は、1台のハーフハイト・ブレードサーバにサーバノードを2台格納したユニークな形状の高密度ブレードサーバ。各ノードには、それぞれ独立した電源スイッチ、2基のクアッドコアインテル Xeonプロセッサー、1基の120GB 2.5インチSATAハードディスクドライブ、4GBメモリ(最大16GB)、デュアルポートNIC、遠隔管理機能(Integrated Lights-Out 2)が標準搭載され、独立したサーバとして利用可能だ。また、同サイズのブレードサーバ「HP ProLiant BL460c」と比較して540gの軽量化(最大構成時)、およびノード単位で30%の省電力を実現している。

 HP ProLiant DL580 Generation 5 1プロセッサモデルは、これまでの標準構成がプロセッサ2基のモデルから1基にすることで従来の最小構成価格の約3分の1の価格を実現し、当初の導入費用を抑えたい仮想化プラットフォームやデータベースサーバなどに適したモデル。主な仕様は、クアッドコアインテルXeonプロセッサー E7310×1基、2GBメモリ(最大256GB)、ディスクレス、標準8本の拡張スロット(11本まで拡張可能)。

 また、同時に中堅・中小規模システム向けブレードエンクロージャ「HP BladeSystem c3000」と「HP StorageWorks SB448c テープブレード」、および「HP StorageWorks SB920c テープブレード」の価格改定を行った。新価格はそれぞれ45万1,500円、35万7,000円、54万6,000円。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top