マイクロソフト、Office Live Workspace日本語版の試験運用を開始〜ネットでドキュメント共有 | RBB TODAY

マイクロソフト、Office Live Workspace日本語版の試験運用を開始〜ネットでドキュメント共有

 マイクロソフトは23日より、「Microsoft Office Live Workspace」日本語版(ベータ版)の試験運用を開始した。

ブロードバンド その他
「どこからでもアクセス」
  • 「どこからでもアクセス」
  • 「他のユーザーと共有」
 マイクロソフトは23日より、「Microsoft Office Live Workspace」日本語版(ベータ版)の試験運用を開始した。

 「Office Live Workspace」日本語ベータ版は、インターネットを通じて提供される、マイクロソフトオフィス関連の新サービス。ワード、エクセル、パワーポイントなどで作成した文書を、インターネット上にまとめて保存でき、どこからでもアクセスできるようにするもの。1ユーザあたり500MBのストレージ領域が無料で提供され、平均的なサイズの文書なら1,000件以上のドキュメントを1か所に保存できることとなる。

 保存された文書は、インターネットを通じてどこからでもアクセスでき、オフィスがインストールされていないPCでも、ブラウザ上でドキュメントを閲覧したり、コメントを追加したりすることが可能となる。シンプルな文章や表なら、そのまま作成することもできる。オフィスXP/2003/2007の各アプリケーションから、直接Office Live Workspace上のドキュメントを開いたり、保存したりすることも可能だ。

 保存された文書を共有したり共同作業を行ったりするための機能も搭載される。メンバーごとに編集、閲覧などの権限付与が可能なほか、チェックイン・チェックアウト機能、バージョン管理の機能も標準搭載。ドキュメントの変更履歴を1か所で管理できるため、効率的な共同作業が実現されたとのこと。Microsoft SharedViewを使用して、リアルタイムに複数メンバーがドキュメントを編集加工することも可能となっている。

 サービスは無料で、登録したその日からすぐに利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top