JAXA、P2Pで5Mbpsのハイビジョン動画配信を開始——「かぐや」の動画をPCで再生 | RBB TODAY

JAXA、P2Pで5Mbpsのハイビジョン動画配信を開始——「かぐや」の動画をPCで再生

 22日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、同機構が運営する「JAXA動画」において、P2P技術を利用したハイビジョン動画のストリーム配信を開始したと発表した。

ブロードバンド その他
地球の出
  • 地球の出
  • 地球の入り
 22日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、同機構が運営する「JAXA動画」において、P2P技術を利用したハイビジョン動画のストリーム配信を開始したと発表した。

 「JAXA動画」は、これまでも子供向けの番組やJAXAプロジェクトを紹介する動画などのビデオ配信を行っている。また、「かぐや」がハイビジョン映像による月面の様子や地球の映像を送ってきた際にも、小画面の圧縮した動画サンプルを公開していたが、もっと大きいサイズでハイビジョン映像を見たいという要望に応える形で、今回の配信開始となった。「JAXA動画」で見られるハイビジョン映像は、1280×720ピクセル、帯域5Mbpsの転送レートの画像だそうだ。

 JAXAが採用したP2Pによる動画配信サービスは、ドリームボート(技術顧問はウィニー開発者で知られる金子勇氏)が開発し提供しているSkeedCastだ。ドリームボートは総務省が推進するP2Pネットワーク実験協議会にも参画している。今回のストリーミング配信は、P2Pネットワーク実験協議会の実証実験のひとつとして実現したものだ。P2Pネットワークについては、総務省などもトラフィックの有効利用、サーバの負荷分散、新しいサービスモデルを追及する意味で、評価、研究を行っている。

 なお、ハイビジョン映像の視聴には、Windows Media PlayerとSkeedReceiverが必要だ。どちらのソフトウェアもJAXA動画のサイトからダウンロードできるようになっている。残念ながら、現在のところ、この組み合わせで動作する環境はWindows XPかVistaに限られてしまうが、JAXAは今後もこのような取り組みや映像公開など積極的に進めたいとしている。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top