NTTデータと日本オラクル、協業で新しいSaaS型CRMソリューション提供開始 | RBB TODAY

NTTデータと日本オラクル、協業で新しいSaaS型CRMソリューション提供開始

 NTTデータと日本オラクルは15日より、NTTデータの地図情報サービス「MaDoRE(マドア)」およびオラクルのCRMアプリケーション「Siebel(シーベル)CRM」を組み合わせ、新しいSaaS型CRMソリューションとして提供を開始した。

エンタープライズ その他
【左】営業活動での利用イメージ 【右】フィールドサービス業務での利用イメージ
  • 【左】営業活動での利用イメージ 【右】フィールドサービス業務での利用イメージ
 NTTデータと日本オラクルは15日より、NTTデータの地図情報サービス「MaDoRE(マドア)」およびオラクルのCRMアプリケーション「Siebel(シーベル)CRM」を組み合わせ、新しいSaaS型CRMソリューションとして提供を開始した。

 MaDoREとSiebel CRMを組み合わせたSaaS型CRMソリューションでは、MaDoREが配信するエリアマーケティングデータや家名入り住宅地図データなどの高付加価値コンテンツが、SiebelのCRMアプリケーションで利用できるようになる。

 これにより、地理的・人口動態学的な地域分析手法によって“似かよった特徴”を持つ地域にグルーピングし、それぞれの地域を特徴づけたエリアマーケティングデータを活用することで、営業ターゲットとする地域を絞り込み、商品特性にあった顧客へアプローチするといったことが可能となる。

 またフィールドサービス業務においては、住宅や道路地図情報を用いることで、サービスマンや車両の移動・走行ルートを効率化し稼働率の向上が図れるのみならず、サービスマンやスペア部品等の配備・移動圏内を顧客ベース情報と併せて可視化することでサービス・レベルを最適化し、保守コールに対する到着時間の短縮やサービス品質の向上が図れるようになる。

 NTTデータでは、MaDoREの地価情報配信のメインユーザである金融業界各社、および地図データを活用したフィールドサービス業務を行うユーティリティ企業や製造業各社を中心に販売活動を行い、顧客ニーズに合わせてMaDoREとSiebel CRMを組み合わせたソリューションを提供していくとのこと。一方、日本オラクルは、本協業における営業支援、技術支援を行う専任組織を発足し、推進体制を強化するとのこと。

 なお今後は、NTTデータの決済連動型販促ソリューションプラットフォーム「SmarP(エスマープ)」と、オラクルのSiebel CRMとビジネス・インテリジェンス製品「Oracle Business Intelligence」を統合したSaaS型のセールスプロモーション向けソリューションも開発される予定。

 本協業により両社は今後3年で100社への導入を目指すとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top