シャープ、ダイレクトメタノール型燃料電池において世界最高の出力密度を達成〜モバイル機器向け燃料電池の実用化前進へ | RBB TODAY

シャープ、ダイレクトメタノール型燃料電池において世界最高の出力密度を達成〜モバイル機器向け燃料電池の実用化前進へ

 シャープは15日、携帯情報端末や電子辞書、ノートパソコンなどモバイル機器向けのダイレクトメタノール型燃料電池(DMFC)において、出力密度20.3W/ccを達成したと発表した。

エンタープライズ その他
 シャープは15日、携帯情報端末や電子辞書、ノートパソコンなどモバイル機器向けのダイレクトメタノール型燃料電池(DMFC)において、出力密度20.3W/ccを達成したと発表した。

 2008年5月15日現在、パッシブ型ダイレクトメタノール型燃料電池の発電部における単位体積あたりとしては、世界最高の出力密度だという。これにより、現在主流のリチウムイオン電池と同等の体積で、より長時間連続使用が可能な燃料電池の実現が期待できるとのこと。

 燃料電池は、水素と酸素の化学反応によるエネルギーを利用しているため、地球環境への負荷が小さく、また化学エネルギーを直接的に電気エネルギーに変換するため発電効率も高いことから、次世代電池として期待されている。なかでもダイレクトメタノール型燃料電池は、メタノールを直接“発電部”に供給し、空気中の酸素と化学反応させて発電するシンプルな構造のため、小型化に適しているとされていたが、これまでは出力密度が低く、発電部や電池体積が大きくなるなどの問題があった。

 シャープは、微細加工による薄型セルを用いた「3次元高集積スタック(積層)構造」を開発し、単位体積あたりのセルの表面積を増大させ、かつ均一な隙間領域を確保することで、発電エネルギーの基となる空気をスムーズに対流させることを可能にした。これにより、単位体積あたりの出力密度を世界最高の 0.3W/cc(当社従来比で約7倍)まで向上させることができた。

 なお本内容は、同日に開催される「第15回燃料電池シンポジウム」(タワーホール船堀)でも発表される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top