伊藤忠テクノソリューションズほか7社、「CTC WiMAX Ecosystem」設立 | RBB TODAY

伊藤忠テクノソリューションズほか7社、「CTC WiMAX Ecosystem」設立

ブロードバンド その他

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、アルバリオン、インフォブロックス、シスコシステムズ、ジュニパーネットワークス、テリロジー、東陽テクニカの計7社は15日に、「CTC WiMAX Ecosystem(ワイマックス・エコシステム)」を設立した。

 MVNO/MVNE事業者および地域WiMAX事業者に対して、信頼性の高いWiMAXシステムを短期間で構築し、保守・運用までの各種サービスをワンストップで提供するのが目的とするプロジェクト。WiMAX事業者のインフラ構築や地域WiMAXの実証実験など、WiMAXに関するシステム設計・構築の実績を持つCTCをはじめ、各ベンダーの専任エンジニア20名によって構成されるという。

 CTCがMobileWiMAXシステムの設計、構築、運用サービスを、アルバリオンが無線基地局(BS)、ASN-GWの提供を、インフォブロックスがDHCPサーバー、DNSサーバーの提供を、シスコシステムズがホームエージェント(HA)ASN-GWの提供を、ジュニパーネットワークスが認証装置(AAA)の提供を、テリロジーが認証装置(AAA)の提供を、東陽テクニカが検証用測定器および検証施設の提供を、それぞれ担当するとのこと。

 検証環境は、東陽テクニカのテクノロジインターフェースセンター(東京都中央区)内に構築され、5月上旬〜8月末まで、各ベンダー製品の組み合わせによる技術検証を実施する。また、7月1日からは検証環境を公開するとともに、セミナーやデモなどのプロモーション活動も積極展開する予定とのこと。

 さらに、MVNO/MVNEを実現するために必要な、全国事業者との接続インターフェイスであるR1およびR5の相互接続検証も実施し、各事業者へのホームCSNの導入支援サービスも提供する。またデバイスプロビジョニング、サービスプロビジョニング、ユーザ認証、課金・決裁代行等の提供に向けた支援サービスを予定中だ。

 CTCの初年度の売上目標は20億円とのこと。なおCTCは、「ワイヤレスジャパン2008」(7月22日開催)にもアルバリオンと共同で出展する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top