東芝、メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」とリファレンスキット | RBB TODAY

東芝、メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」とリファレンスキット

 東芝は8日、高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine」のSPEコアを用いたメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」のサンプル出荷を開始した。

エンタープライズ その他
SpursEngine SE1000
  • SpursEngine SE1000
  • SpursEngine SE1000 リファレンスボード
 東芝は8日、高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine」のSPEコアを用いたメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」のサンプル出荷を開始した。サンプル価格は1万円。

 SpursEngine SE1000は、Full HD対応のMPEG-2とH.264のハードウェアエンコーダ/デコーダとSPEを4個搭載している。SPEのクロック周波数は1.5GHz、消費電力は10W台で、柔軟な映像処理と低消費電力が特徴だ。

 同時に提供が開始されたリファレンスキットは、PCI Express x1/x4エッジコネクタを備えたSpursEngine SE1000搭載リファレンスボードとソフトウェア開発を行うための基本ソフトウェア群から構成されている。また、SpursEngine制御用プログラム、ライブラリ、統合開発環境(SPEコンパイラ、SPEデバッガ、パフォーマンスモニタなど)、およびミドルウェアを利用するためのサンプルアプリケーションも用意されている。

 同社では、今後3年間で600万個の出荷を計画している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top