日本ベリサイン、汎用JPドメイン名「.jp」登録サービス開始——既存サービスと窓口を統一 | RBB TODAY

日本ベリサイン、汎用JPドメイン名「.jp」登録サービス開始——既存サービスと窓口を統一

 日本ベリサインは7日、汎用JPドメイン名「.jp」の登録サービスを開始する。「.com」「.net」といったgTLDドメイン名登録サービスと窓口を統一する。

ブロードバンド その他
 日本ベリサインは7日より、汎用JPドメイン名「.jp」の登録サービスを開始する。従来より提供してきた「.com」「.net」といったgTLD(generic Top Level Domain)ドメイン名登録サービスと窓口を統一する。

 ドメイン名ごとに異なっていた登録事業者や窓口の統一により、ユーザーのドメイン名管理負担を軽減するのが狙いとのこと。

 また、このサービス開始を記念して、「汎用JPドメイン スタート キャンペーン」を5月31日までの期間限定で実施する。ユーザー専用ページより、汎用JPドメイン名を新規登録申請した場合に限り、キャンペーン特別価格6,300円(通常価格7,308円)で提供する(1ドメイン名、1年間)。

 特典の利用には、キャンペーンコードの入力が必要となる。また期間中、汎用JPドメイン名を新規登録申請したユーザー全員に、ベリサイン特製ロゴ入りグッズをプレゼントする予定だ。

 ちなみに、汎用JPドメイン名「.jp」は、2001年にスタート、現在60万件以上の登録実績がある。地域型/属性型ドメイン名の「.co.jp」「.ne.jp」などと異なり、日本に住所がある個人や法人であれば、書面手続きを行うことなくオンラインでの登録が可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top