東海東京証券がベリサインのSaaS型メールセキュリティサービスを採用 | RBB TODAY

東海東京証券がベリサインのSaaS型メールセキュリティサービスを採用

日本ベリサインは26日、東海東京証券が同社が提供するSaaS型メールセキュリティサービスを採用したと発表した。

エンタープライズ その他
 日本ベリサインは26日、東海東京証券が同社が提供するSaaS型メールセキュリティサービス「Postini Perimeter Manager Enterprise Edition(ポスティーニ ペリミーターマネージャ エンタープライズ エディション)」を採用したと発表した。

 東海東京証券では、従業員のメールアドレスを盗むためのDHAアタック(ディレクトリーハーベストアタック)などを受けており、またそれに合わせて従業員あての迷惑メールが増え続けていた。そのため、従業員は必要なメールを都度確認し、不要なメールを削除しなければならず業務効率への影響が問題となっていた。 「Postini」を採用することで、DHAやDDoSアタックの防御も新たにサーバやアプリケーションを追加購入することなく対応可能となり、スパムメールやウィルスメールなどの迷惑メールを除去することに成功したとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top