キヤノン、トップレベルドメイン「.canon」で世界に情報発信 | RBB TODAY

キヤノン、トップレベルドメイン「.canon」で世界に情報発信

IT・デジタル ソフトウェア・サービス

ドメイン「.canon」をキヤノンが取得
  • ドメイン「.canon」をキヤノンが取得
  • 「www.canon.com」から「global.canon」に移行
  • 「Canon Global」サイトトップページ
 企業サイトで用いられている「.co.jp」や「com」。最近は「.info」「.info」なども見かけるようになってきたが、これらはトップレベルドメイン(TLD)と呼ばれるもので、さまざまな種類、それに応じたルールが存在する。

 そのため、固有名詞などをダイレクトに用いているサイトはなかなか現れなかったが、管理団体ICANNが2008年に導入ルールを自由化。「新gTLD」として企業名なども申請可能になった。ただし申請費用は2000万円近く、審査も必須など、さまざまな条件をクリアしなければならない。

 これを受けキヤノンは、2010年3月にTLD「.canon」の取得を目指して活動を開始し、2015年2月に「.canon」を取得完了した。そして2016年5月16日より、従来のグローバルサイトを刷新し、URLをこれまでの「www.canon.com」から「global.canon」に移行した。

 「global.canon」は、 アドレスの一番右側に置かれる文字列であるTLDが企業名となっている。もちろんキヤノンとしては初の試みで、今後は「global.canon」より全世界に向けて情報発信を行うという。なお国内企業では日立がすでに「.hitachi」を運用している。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top