日本アバイア、導入コストが7割安のUCパッケージ「Avaya Unified Communications Editions」 | RBB TODAY

日本アバイア、導入コストが7割安のUCパッケージ「Avaya Unified Communications Editions」

 日本アバイアは19日、ユニファイド・コミュニケーションパッケージ「Avaya Unified Communications Editions」を発表した。提供は5月に開始される。

エンタープライズ その他
 日本アバイアは19日、ユニファイド・コミュニケーションパッケージ「Avaya Unified Communications Editions」を発表した。提供は5月に開始される。

 今回発表されたのは、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」にメッセージング・ソリューション「Avaya Modular Messaging」を組み合わせたインフラ・パッケージ「Avaya Unified Communications Essential Edition」と同社のユニファイド・コミュニケーションアプリケーションと必要なミドルウェアを組み合わせた「Avaya Unified Communications Standard Edition」の2つ。

 なお、Avaya Unified Communications Standard Editionに含まれるのは、Webブラウザベースのシンクライアント型ソフトフォン「Avaya one-X Portal」、携帯電話連動機能(Avaya Communication Managerのオプションライセンス)「Avaya Extension to Cellular」、Microsoft Office Communicatorに対応したコミュニケーション・ミドルウェア 「Avaya Application Enablement Services」、ユニファイド・コミュニケーション機能搭載モバイル・アプリケーション・ソフトウェア 「Avaya one-X Mobile for Java/RIM」(日本未発売)、4600シリーズIP電話機用VPNクライアントソフトウェア「Avaya 4600 VPN Phone Software」、H.323高機能ソフトフォン「Avaya IP Softphone」、ピア・ツー・ピア通信機能をもつSIPソフトフォン「Avaya one-X Desktop」。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top