さくらインターネット、 さくらクリエイティヴなど子会社2社を現取締役に譲渡 | RBB TODAY

さくらインターネット、 さくらクリエイティヴなど子会社2社を現取締役に譲渡

ブロードバンド その他

 さくらインターネットは17日、連結子会社である「さくらクリエイティヴ」および「SAKURA Internet USA,Inc.」の所有株式すべてを3月31日付で譲渡すると発表した。

 「さくらクリエイティヴ」(大阪、従業員8名)は、ウェブサイトのデザインと構築サービスを、「SAKURA Internet USA,Inc.」(米カリフォルニア、従業員7名)はオンラインゲームのローカライズに関するサービスを手掛けてきた。さくらインターネットは、今回の決定について「グループの課題である、収益力の向上と流動比率の改善の達成をするためには、ノンコア事業であるコンテンツ配信事業に今後継続投資していくより、当社の中核事業であるデータセンター運営事業へ経営資源を集中させる必要がある」としている。

 「さくらクリエイティヴ」は鈴木直也氏(さくらクリエイティヴ株式会社 代表取締役)に所有株式数160株が627万円(1株39,204円)で、「SAKURA Internet USA,Inc.」は立入勝義氏(SAKURA Internet USA,Inc. 代表取締役CEO)に所有株式数2000株が151万9千円 (総額:US$14,892.88、1株759円)で、それぞれ譲渡される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top