Microsoft Office Live Small Business、日本語版の正式運用が開始〜3ラインアップを1つに統合 | RBB TODAY

Microsoft Office Live Small Business、日本語版の正式運用が開始〜3ラインアップを1つに統合

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは6日より、「Microsoft Office Live Small Business」日本語版の正式運用を開始した。標準機能は無償で提供される。Windows Live IDを持っている場合、そのID (メールアドレス)で登録し、サービスを利用できる。

 「Office Live Small Business」は、大規模企業などが利用している機能やサービスを小規模事業所向けに改良したインターネットサービスで、Webサイト開設、電子メール アカウント発行、共同作業用のコンタクト マネージャやワークスペース、プロジェクト マネージャなどのビジネス アプリケーションがパッケージ化されている。正式サービス提供にともない、サービスの名称が「Office Live」から「Office Live Small Business」に改称された。また、管理者画面などに広告枠を設置し、広告を表示することで、標準サービスは無償で提供され、ドメイン登録やディスク容量の拡張オプションは有償での提供となった。

 2006年12月から試験運用(ベータ プログラム)が実施されたが、期間中に約24,000社が参加、これらのフィードバックをもとに、機能強化だけでなく、登録プロセスの見直しやパフォーマンスの向上など全面的な改良が行われた。とくに、行先掲示板、回覧板、予定表、電話メモの機能など、日本の企業文化や習慣を考慮して日本国内で開発されたサービスである「Microsoft GroupBoard Workspace」最新版の機能も標準搭載した。またベータ期間中に提供されていた3つのラインアップは廃止され1つに統合された。

 汎用ドメイン(.com, .net, .org, .info)の利用はオプションだが、登録料は初年度無料、2年目以降の更新料2,020円(年額、消費税込)となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top