日立、「Hitachi Content Archive Platform」のシステム管理・セキュリティ機能を強化 | RBB TODAY

日立、「Hitachi Content Archive Platform」のシステム管理・セキュリティ機能を強化

エンタープライズ その他

Hitachi Content Archive Platform
  • Hitachi Content Archive Platform
 日立製作所は5日に、ストレージアプライアンス「Hitachi Content Archive Platform」において、システム管理およびセキュリティに関する機能を強化したことを発表した。新モデルおよび新ソリューションは、3月6日より販売を開始する。

 「Hitachi Content Archive Platform」は、電子メールや契約書、公的文書、図面などのコンテンツを長期保管するコンテンツアーカイブ向けの製品で、本格化するコンプライアンスやビジネスリスクへの対応に向け、今回の機能向上が図られたもの。より柔軟できめ細かいシステム管理、セキュリティ管理を可能とするため、今回あらたにロールベースの管理者アカウント管理、管理者操作ログの記録、ログの自動外部送信に対応した。これにより、システムの設定・変更、コンテンツ検索機能利用、アカウントの登録・削除など5種類のロール(役割)に細分化し、アカウントごとにきめ細かく管理者権限が設定可能となった。またシステムの稼動状況ログに加え、Hitachi Content Archive Platformに対するすべての管理者操作履歴(ログイン/ログアウト、設定変更等)のログを記録し、管理者のアクセスをトラッキング(追跡・分析)可能となった。

 また、従来のファイルデータアーカイブソリューションに加え、メールデータアーカイブソリューションにおいても、シマンテックのインテリジェント コンテンツ アーカイビングソリューションである「Symantec Enterprise Vault」と連携する。インテリジェントな分類/保存技術によるデータの取得/分類/索引付け/保存や、アーカイブに関するポリシー定義に基づいたデータアーカイブが可能となるとのこと。
 Hitachi Content Archive Platformの価格は、ノード2台のシングルノード構成で1061万8860円〜、ノード4台以上のクラスタノード構成で3146万8290円〜となる。コンテンツアーカイブソリューションImplementation service for E-mailは個別見積もり。提供はいずれも3月28日より。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top