アイ・オー、ドラフト11n準拠の無線LANルータと子機セット——映像配信サービスにも対応 | RBB TODAY

アイ・オー、ドラフト11n準拠の無線LANルータと子機セット——映像配信サービスにも対応

IT・デジタル ノートPC

WN-NHP/R
  • WN-NHP/R
  • 無線LANカード/USB無線LANアダプタ
 アイ・オー・データ機器は、Draft11n Wi-Fi CERTIFIED認証取得の無線LANルータと無線LAN子機のセットモデルとして、無線LANカードのセット「WN-NHP/R-S」およびUSB無線LANアダプタのセット「WN-NHP/R-U」の2製品を3月下旬に発売する。価格はWN-NHP/R-Sが14,280円、WN-NHP/R-Uは13,125円。

 2製品はいずれも、先頃発表された無線LANルータ「WN-NHP/R」と、無線LANカード/USB無線LANアダプタをセットにしたモデル。

 WN-NHP/Rの主な仕様として、IEEE 802.11b/gおよび11n ドラフト2.0に準拠し、外部アンテナ×2本(送信×1/受信×2)を装備。従来の20MHz幅の2倍の帯域となる40MHz幅に対応することで、通信速度の向上を図っており、WN-NHP/R-Sは64.31Mbps、WN-NHP/R-Uは76.89Mbpsでの通信を可能としている。セキュリティは、WPA-PSK(TKIP/AES)/WPA2-PSK8TKIP/AES)、WEP(128ビット)をサポート。そのほか、ボタンを押すだけで簡単にゲーム機やPCとの無線LAN設定を行える「クイックセットアップ+」機能や、2種類のセキュリティを設定できる「ダブルワイヤレス」機能などを装備する。

 そのほかの仕様として、IPv6専用ポートに4th MEDIAなどの映像配信専用チューナーを接続可能。東芝製液晶テレビ「REGZA」なら、4th MEDIA専用LAN端子とIPv6専用ポートを接続することで、映像配信サービス利用に対応する。

 有線LANインターフェイスは10BASE-T/100BASE-TXで、WAN型に1基、LAN側に3基搭載。本体サイズは幅150×高さ28×奥行き110mmで、重さは240g。
《花》

関連ニュース

特集

page top