シャープ、最小・最薄ワンセグ放送受信用チューナーモジュールを開発〜携帯電話の小型化・薄型化に貢献 | RBB TODAY

シャープ、最小・最薄ワンセグ放送受信用チューナーモジュールを開発〜携帯電話の小型化・薄型化に貢献

エンタープライズ モバイルBIZ

ワンセグ放送受信用チューナモジュール<VA3A5JZ922>
  • ワンセグ放送受信用チューナモジュール<VA3A5JZ922>
 シャープは20日に、業界最小・最薄となるワンセグ放送受信用チューナーモジュール「VA3A5JZ922」を発表した。29日よりサンプル出荷を開始する。

 「VA3A5JZ922」では、主要部品の薄型化と独自の高密度実装技術が駆使されており、5.9×5.9×0.9mmの業界最小・最薄のサイズを実現した。同社従来比で面積約35%減、厚さ約28%減となっている。消費電力についても業界最少クラスの80mWとなる。

 シャープ製チューナーモジュールは、昨年12月までの累計出荷が1,000万個に達しており、今後も、携帯電話をはじめとするモバイル機器に搭載される見込み。

 サンプル価格は税込20,000円で2月29日よりサンプル出荷を開始、9月30日より月産100万個単位で量産される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top