ソフトバンクテレコム、品川区の子供向け防犯システムをYOZANより事業譲渡 | RBB TODAY

ソフトバンクテレコム、品川区の子供向け防犯システムをYOZANより事業譲渡

ブロードバンド その他

品川区「近隣セキュリティシステム」概要図
  • 品川区「近隣セキュリティシステム」概要図
 ソフトバンクテレコムは15日、品川区が子どもの防犯を目的として区内の全小学校を対象に提供している「近隣セキュリティシステム」について、YOZANから事業譲渡を受けることで基本合意し、3月1日よりシステムのネットワーク運用、および音声通話などのオプションサービスを提供すると発表した。

 近隣セキュリティシステムは、子どもを連れ去り事件などの犯罪から守るために、地域のコミュニティーの協力と通信端末の活用を組み合わせた防犯システムで、2006年9月より品川区が運営している。GPS機能と携帯電話機能を搭載した専用端末「まるもっち」を品川区立の全小学校の児童を対象に無料で配布し、緊急時に端末の警報ピンを引くと非常音が鳴ると同時にネットワークを通じてGPS位置情報が発信され、品川区センターシステムを通じてボランティア登録している地元の協力者などに通報が入る仕組みとなっている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top