ビクター、次世代映像エンジンを搭載する液晶テレビ「EXE」新モデル | RBB TODAY

ビクター、次世代映像エンジンを搭載する液晶テレビ「EXE」新モデル

IT・デジタル テレビ

LH905シリーズ(LT-47LH905)
  • LH905シリーズ(LT-47LH905)
  • 「i-Clearmotion NR」の効果イメージ
  • 「Real Color Creation」の効果イメージ
 日本ビクターは28日、「10bitフルハイビジョン倍速液晶IPSパネル」搭載の液晶テレビ「EXE」の新ラインアップとして、同社新開発の映像処理LSI「ジェネッサプレミアム」を採用する「LH905」シリーズの47V型/42V型/32V型モデルを発表した。いずれも価格はオープンで、予想実売価格は47V型「LT-47LH905」が500,000円前後、42V型「LT-42LH905」は400,000円前後、32V型「LT-37LH905」は300,000円前後。2月下旬発売。

 今回発表されたLH905シリーズは、解像度1,920×1,080ピクセル対応の10ビット倍速対応IPSパネルを採用し、フルHD解像度での120Hz倍速駆動に対応したモデル。2007年6月に発売された「LH805」シリーズからの主な改良点として、新開発のCPU内蔵映像エンジンであるジェネッサプレミアムを搭載。同エンジンは、デジタル放送やDVDビデオなどの24ビット入力映像を36ビット化するビット拡張技術「Real Bit Driver」や、入力映像の品質に合わせてノイズ低減量を自動調節する3次元ノイズリダクション「i-Clearmotion NR」、人間の視覚特性を活かした独自のアルゴリズム処理により、立体感のあるリアルな質感と色彩を再現するという「Real Color Creation」の3つの新機能を装備しており、表現力を飛躍的に向上させたとしている。そのほか、動画用の色域空間規格「x.v.Color」やDeep Colorにも対応する。

 液晶パネルの主なスペックは、輝度が500cd/m2で、視野角は上下/左右ともに178度。チューナーは地上/BS/110度CSデジタルチューナーおよび、地上アナログチューナーを各1基搭載する。そのほかの仕様として、視聴する部屋の明るさに応じて画質と音質を1ボタンで切り替え可能な「明/暗ボタン」や、ニュースやセリフを聞き取りやすくする「きき楽」機能を装備。サウンド面では、重低音の強化を図った「MaxxAudio(マックスオーディオ)」を採用する。

 インターフェースはHDMI×3/D4/コンポーネント/コンポジット×3/i.LINK×2/Ethernet/光デジタル音声などを装備。スタンドを含む本体サイズは、47V型モデルが幅112.1×高さ77.4×奥行き29.6cmで、重さは33.6kg。42V型モデルは幅100.7×高さ70.8×奥行き29.6cmで、重さは26.8kg。32V型モデルは幅90.1×高さ65.1×奥行き23cmで、重さは22.6kg。
《花》

関連ニュース

特集

page top