「スパム攻撃者も誠実になる?」「考えが甘い!」とシマンテックが一喝〜月例スパムレポ1月号 | RBB TODAY

「スパム攻撃者も誠実になる?」「考えが甘い!」とシマンテックが一喝〜月例スパムレポ1月号

エンタープライズ その他

「被害者に対して損害賠償金を支払います」
  • 「被害者に対して損害賠償金を支払います」
  • 中国語で書かれたSPAM
 シマンテックは21日に、月例スパムレポートを公表した。

 それによれば2007年12月のスパム活動は、全送信メッセージ中のスパムの割合がさらに増加して約75%(2007年11月は72%)となった。特にクリスマス前の数日間では一時83%にまで達したという。12月に確認されたスパムのほとんどが、従来の手法を使いつつ、Eメールのタイトルや文中に記載するURLをホリデーに関するキーワードにし、季節感を演出するものだった。

 また、「419スパム」の新たな手法についても警告がなされた。この警告では「スパム攻撃者も誠実になる?考えが甘いです」として、このスパムを相手にしないように呼びかけている。「419スパム」はナイジェリアの刑法419条(詐欺罪)から命名されたスパムの手法。新手法では「過去の419スパム被害者に対して100,000USドルの損害賠償金を支払います」と、攻撃者が謝罪し、賠償金支払いのための参考サイトへのURLが記載されているという。賠償金は国連スタッフによって管理されているとしているが、もちろんこれもまったくのデタラメ。また騙された…という状態になるだけだ。

 そのほか、時節を反映したものとしては、石油の価格高騰に便乗したと思われる「Lista de Gasolineras Fraudulentas(不正なガソリンスタンドのリスト)」というタイトルのスパム、2008年の幕開けを祝う歌やダンスを提供するスパム、大統領選投票に関連したギフトカードスパムなどが発見されている。いずれもトロイの木馬や不正ソフトの導入が仕込まれているという。

 また過去数週間において、簡体字または繁体字の中国語で書かれ、受信者をブログページへ誘導するスパムが増加しているとのこと。シマンテックでは、無料ブログサービスの増加にともなって、中国のスパム攻撃者が新しいスパム手法の効果を試す目的で、ブログを利用し、この種のスパムを大量送信していると分析している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top