【CES 2008 Vol.16】MSの「プレスツアー」でWindowsな家庭を体験 | RBB TODAY

【CES 2008 Vol.16】MSの「プレスツアー」でWindowsな家庭を体験

IT・デジタル その他

世界のWindowsマーケティングを担当するG. Michael Sievert氏。世界でもっとも普及したプラットフォームであるWindowsでユーザー体験を高めるという
  • 世界のWindowsマーケティングを担当するG. Michael Sievert氏。世界でもっとも普及したプラットフォームであるWindowsでユーザー体験を高めるという
  • ファッショナブルPCの例。これはレノボの皮装ノート。エグゼクティブが持ってもサマになるという。また、携帯電話機能も含まれている
  • ASUSのU6S。薄く軽くだけでなく、パームレスト部のレザー調とサイドのミラーフィニッシュがサマになっている
  • オランダのEgo Lifestyleが米Barneys New Yorkと提携して販売するTulip E-Go。これはバーニーズ限定モデルだそうだ
  • Extender for Windows Media Centerによりリビングで手持ちのコンテンツやネット経由での視聴が行える。後者は日本で展開が難しい領域だが、これはなんとかして欲しいところだ
  • NiveusMediaのEDGEで先の記事で紹介したものと違うモデル。高級オーディオのような質感の高さが魅力だ
  • こちらは日本でも製品展開をしているLinksysの製品。一般的にはこのようなデバイスが使われ、TVと接続されることになる
  • これはExtenderではないが、リビング向けの一風変わった製品。タッチパネルでキーボードレスでも操作ができる
世界のWindowsマーケティングを担当するG. Michael Sievert氏。世界でもっとも普及したプラットフォームであるWindowsでユーザー体験を高めるという

 まずWindows マーケティング担当副社長のG. Michael Sievert氏が挨拶をし、一億本に到達したWindows Vistaによってよりユーザー体験が重視されるようになり、ドキュメントやネット、ゲームといった使い方が重視されている。そのデジタルライフスタイルのショーケースとしていくつかのシナリオを示すスペースを用意したと発言した。ちなみにWindows Vistaの出荷が一億本に達したのは昨年末とのことだ。

 続いて展示物の紹介が担当者から行われたが、ツアー一行が特に紹介されたのがデザイン重視のPCとTV関係だった。デザイン重視のPCに関しては別途記事(【CES 2008 Vol.9】マイクロソフトブースでファッションショー?)があるので、そちらも見て欲しいが、そのときのショー以外にもさまざまな製品が出ている。

 以前、「リビングにPCを」という動きが見られたが、現在のMSの戦略はリビングにPCそのものを持ち込まず、リビングでPCが持つコンテンツを活用する方向性にあるようだ。そのために用いられるのがExtender for Windows Media Centerデバイスだ。これはPCからデータを受け取りTVへと再生するためのアダプターと思えばよいだろう。PCが持つほとんどのコンテンツを家庭内のネットワークを通じて受け取り、大画面で楽しむというものだ。

 PCからのデータを受け取り再生する以外にもDVDやHD DVDプレーヤーとして利用できる製品もあり、製品の種類も増えている。

 この手のショーケースはどちらかというと「近未来の家庭」という内容になりがちだが、この展示はすでにある、あるいはすぐに出る製品群で構築されておりより具体性が高い。これからのWindowsプラットフォームの発展にこれらが寄与するのだろう。
《小林哲雄》

関連ニュース

特集

page top