マイクロソフト、2008年1月のセキュリティ情報は緊急・重要ともに1件 | RBB TODAY

マイクロソフト、2008年1月のセキュリティ情報は緊急・重要ともに1件

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは4日、2008年1月のセキュリティ情報の事前通知を発表した。

 それによると、2008年1月のセキュリティ情報は「緊急」、「重要」がそれぞれ1件ずつの合計2件。緊急の1件は、Windows TCP/IPの脆弱性により、リモートでコードが実行されるというもので、Windows XP/Vistaの32/64bit版のいずれもが影響を受ける。重要の1件は、LSASSの脆弱性により、ローカルで特権が昇格されるというもので、Windows 2000/XP/Server 2003の32/64bit版のいずれもが影響を受ける。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top