データセンターの課題はSLA、人材、拡張スピードの抑制〜米Symantec調査 | RBB TODAY

データセンターの課題はSLA、人材、拡張スピードの抑制〜米Symantec調査

エンタープライズ その他
 米Symantecは27日、全世界を対象とした「State of the Data Center Research」レポートを発表した。

 発表によると、データセンター管理者の最大の解題は、厳しい社内のサービスレベル契約(SLA)とデータセンター自体の拡張、人材確保の3点だった。データセンターの成長に予算が追いつかない一方、厳しいSLAに対処するためにデータセンターに求められるスピード、機敏さ、および可用性は増加の一途をたどっている。

 回答者の65%は自社内に正式な内部用のSLAが存在し、32%は要求されるサービスレベルが急速に増大していると回答。さらに51%は要求されるサービスレベルを満たすことが過去2年間でより困難になったと答えている。

 SLA達成が困難な理由としては、データセンターの複雑さ、異種混在環境、および継続する人材不足などが挙げられた。「Global 2000」にランクされている企業では、データセンターの複雑さに対応するため年間66億ドルが必要だ。

 回答者の52%は自社のデータセンターは現在人員不足の状態にあるとしたほか、69%は自社のデータセンターが少なくとも年率5%で拡張し、11%は20%で拡張していると回答している。ただし、過去2年間の予算の増大の割合は世界中の平均で年7%と少ない。

 米国などでは、回答者の過半数はサーバーの仮想化と統合が、最大のコスト削減戦略とみなしていて、回答者の90%はサーバーの仮想化について少なくとも検討を行っており、50%は仮想化を導入している。また、91%はサーバーの統合について少なくとも検討を行い、58%は統合を実施した。このほか、75%はストレージの仮想化が解決策になり得ると回答し、59%は仮想環境に移す可能性の最も高いものとしてWebアプリケーション、次に42%でデータベース管理用アプリケーションを挙げた。

 データセンターの課題としては人材不足が多くの回答者により挙げられ、回答者の86%は適切な人材の発見に困難を覚えているとし、68%は人材不足が問題である理由としてデータセンターの管理が複雑すぎると回答している。さらに60%はスタッフが持つスキルセットの幅が狭すぎ、57%は従業員が持つスキルが現在のニーズに合っていないと感じているようだ。

 同社データセンターマネジメントグループ グループバイスプレジデントのクリス・ハガーマン氏は、「今日のデータセンターは、『State of the Data Center 』レポートに示されたように、SLA、データ量の増大、人材の確保およびコストに関する一連の課題により、真なる脅威および悪化に直面しています。データセンターの専門家たちが提供するサービスはこれまで以上にビジネスにとって重要性を増していますが、しかし同時に、恐ろしいほどの複雑さの中で、これらの専門家はより多くのことをより少ないリソースで達成しなければならないという絶え間ないプレッシャーにさらされています。調査の回答者にとって強力な武器となる、共通のソフトウェアインフラストラクチャ上での標準化を通じ、データセンター管理者はデータセンターの変革および増加するコストの管理が可能となります」とコメントしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top