映画館で映画以外の映像——NTTグループら、宝塚公演を全国7か所の映画館へ光ネットでライブ配信 | RBB TODAY

映画館で映画以外の映像——NTTグループら、宝塚公演を全国7か所の映画館へ光ネットでライブ配信

ブロードバンド その他
ネットワーク構成 
  • ネットワーク構成 
  • 映像中継機器(HD MPEG2装置、JPE2000装置)構成
 NTT、NTT西日本、NTT Com、TOHOシネマズ、宝塚クリエイティブアーツ(TCA)の5社は14日、「宝塚歌劇 花組公演 東京宝塚劇場千秋楽」を光ネットワークでオンライン化したデジタル上映拠点(全国7か所の映画館)へライブ配信すると発表した。

 「宝塚歌劇 花組公演 東京宝塚劇場千秋楽」は12月24日(月・祝)公演の予定。ミュージカル・ピカレスク「アデュー・マルセイユ〜マルセイユへ愛を込めて」、グランド・レビュー「ラブ・シンフォニー」、春野寿美礼サヨナラショーが演目となっている。

 この取り組みは、映画館を中心とした複数の大型スクリーン施設向けに、「ODS(オンライン・デジタル・ソース)に関する共同トライアル」として実施されるもので、さまざまなライブ系高精細映像コンテンツを光ネットワークで配信・上映し、技術評価およびビジネス性の検証を行うことを目的としている。

 「ODS」とは、アメリカの映画興行主組合において提唱された“「映画以外のデジタルコンテンツ(Other Digital Stuff/OnlineDigital Source)」の映画館上映”という概念を指す。従来からSD品質(地上アナログ放送の品質クラス)による宝塚歌劇の衛星ライブ配信は行われてきたが、今回のように光ネットワークを活用してHD品質(地上デジタル放送の3〜4倍クラス以上、MPEG50Mbps相当以上)の高画質映像を複数の商業用映画館にライブ配信する試みは、国内初の取り組みとなる。

 今回の取り組みでは、東京宝塚劇場とTOHOシネマズの7会場(日比谷スカラ座、日劇PLEX、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、シネマメディアージュ、TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば)を100Mbps以上の高速な光ネットワークを利用して接続、東京宝塚劇場で上演されている宝塚歌劇の映像・音声を、HD品質による多地点ライブ配信することで、IPマルチキャスト配信の技術検証を行う。その他、シネマメディアージュにおいては、NTTの研究所で開発されたJPEG2000-IPストリーミング技術による、HD素材のテープ記録と同程度のビットレート(約300Mbps)でのライブ配信検証を行う。

 本トライアルを通じ、NTTグループ各社は高品質・大容量デジタルコンテンツを流通させるネットワークインフラやサービスの開発・提供に向けた検討を、TOHOシネマズはODS上映による集客効果の追求を、TCAはコンテンツ上映場所や機会の増加によるあらたなビジネス創出の検討を進めていく。また、将来的にはNGN(次世代ネットワーク)を利用したライブ配信展開の可能性も検討して行く予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top