東芝、ゲームユーザー向けノートPC「dynabook Satellite WXW」シリーズの最上位モデル | RBB TODAY

東芝、ゲームユーザー向けノートPC「dynabook Satellite WXW」シリーズの最上位モデル

IT・デジタル ノートPC

dynabook Satellite WXW/79DW
  • dynabook Satellite WXW/79DW
  • 天板は木目調デザインを継承
 東芝は8日、グラフィック機能を強化したゲームユーザー向けノートPC「dynabook Satellite WXW」シリーズの新ラインアップとして、GPUにGeForce 8600M GT×2基を搭載し、SLIに対応した最上位モデル「WXW/79DW」の受注を開始した。同社直販サイト「shop1048」での販売で、直販価格は319,800円。

 同製品は、解像度1,680×1,050ピクセル対応の17.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載するノートPC。従来モデルからの変更点として、GPUにGeForce 8600M GT×2基を搭載し、グラフィック性能を向上させるNVIDIAの独自技術「NVIDIA SLI」に対応。CPUはCore 2 Duo T7700(2.4GHz)を採用するほか、メモリは4GB、HDDは160GB×2台(RAID非対応)を搭載する。

 そのほかの仕様は従来モデルとほぼ共通で、2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11a/b/g準拠の無線LAN、有効130万画素Webカメラ、harman/kardonの5ステレオスピーカーシステムなどを継承。チップセットはPM965 Expressを搭載し、OSはWindows Vista Home Premiumを採用する。

 インターフェースはUSB2.0×6/IEEE1394(4ピン)×1/光デジタル音声出力×1/ミニD-Sub15ピン×1/HDMI出力×1などを装備。また、SDメモリーカード(SDHC対応)/xD-ピクチャーカード/MMC/メモリースティック(PRO)対応のメモリーカードスロットおよびExpressCard/54スロットを搭載する。リチウムイオンバッテリ内蔵で、連続駆動時間は約1.1時間。本体サイズは幅399×高さ36(〜52)×奥行き288mmで、重さは4.2kg。
《》

関連ニュース

特集

page top