パイオニア、重低音の再生機能を向上させたホームAV用ヘッドホン2モデル | RBB TODAY

パイオニア、重低音の再生機能を向上させたホームAV用ヘッドホン2モデル

IT・デジタル その他

SE-M390
  • SE-M390
 東北パイオニアは25日、重低音の再生機能を向上させたホームAV用ヘッドホン「SE-M390」と「SE-M290」の2モデルを発表。10月中旬発売。価格は3,800円、2,500円。

 両製品は、DVD観賞やTV番組視聴用に重低音域の再生機能を高めたホームAV用ヘッドホン。管楽器の発音原理を応用し、ドライバーユニットの背面抵抗をダクトで安定化させることで、高音質な重低音を実現したという。大口径40mmのユニットを使用。

 幅広のヘッドクッションを採用したことで装着の安定性を図っているほか、長時間のリスニングによる耳の痛みを軽減するため、耳にソフトなベロア調イヤーパッドを採用している。

●SE-M390
出力音圧レベル:105dB
最大入力:1,500mW
周波数帯域:5〜29,000Hz
接続コード:3.5m
重さ:215g

●SE-M290
出力音圧レベル:102dB
最大入力:1,200mW
周波数帯域:5〜25,000Hz
接続コード:3.5m
重さ:225g
《》

関連ニュース

特集

page top