ネットワールドとクオリティ、SaaS型PCセキュリティ維持管理サービス「ISM Client Care」で協業 | RBB TODAY

ネットワールドとクオリティ、SaaS型PCセキュリティ維持管理サービス「ISM Client Care」で協業

エンタープライズ その他

 ネットワールドとクオリティは20日、クライアントPCのセキュリティ維持管理サービス「ISM Client Care」を9月中旬よりインターネットを利用したサービスとして販売すると発表した。またすでに販売を開始しているマカフィーのManaged Total Protection(MTP)とISM Client Careを組み合わせた「セキュリティSaaSパック(仮称)」も同時に提供開始する。

 「ISM Client Care」では、システム管理者に代わって、ポリシーとして設定したセキュリティ対策を、自動的に継続して保つことが可能となるため、管理用サーバの構築や日々の運用作業が不要となる。Windowsセキュリティパッチの更新支援(OSパッチのアップデート支援)、クオリティが発行するセキュリティ辞書によるセキュリティレベルの診断(日次)、セキュリティパッチ未適応PCのレポーティング、ウイルスワクチンソフト未更新PCのレポーティング、不正ソフト(Winny、Share等)探査・利用状況のレポーティング、ハードウェア構成・インストールソフトウェアの一覧レポーティングといった機能が提供される。

 さらに「セキュリティSaaSパック(仮称)」を利用すると、Windowsセキュリティパッチ更新やワクチンソフトのパターンファイルの更新が自動更新され、クライアントPCのセキュリティレベルを一定に保つことができる。SaaS方式を採用したことで、従来のような管理サーバの設置や運用、システムの更新手続などの煩雑な作業が必要なくなり、専任の管理者がいない企業でも利用が可能となる。

 ISM Client Careの価格は、初回システム登録費用が50,000円/1社(初回のみ)、サブスクリプションライセンスが8,400円/1クライアント。「セキュリティSaaSパック(仮称)」については未定(1クライアントあたり15,000円前後を予定)。販売はネットワールドが行う。ISM Client Careの売上は年間1億円、10,000ユーザを目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top