アイ・オー、RAID 5/ホットスワップ対応NAS「LANDISK Tera」専用の液晶ユニット | RBB TODAY

アイ・オー、RAID 5/ホットスワップ対応NAS「LANDISK Tera」専用の液晶ユニット

IT・デジタル ノートPC

HDL-GT/LCD
  • HDL-GT/LCD
  • HDL-GT、GTRシリーズにスタックして使用可能
  • 液晶ディスプレイ表示時
 アイ・オー・データ機器は29日、同社製LAN接続型HDDシステム(NAS)「LANDISK Tera」専用の液晶ユニット「HDL-GT/LCD」を発表した。価格は19,845円で、9月中旬発売。

 同製品は、RAID 5およびホットスワップに対応した同社製NASのLANDISK Tera(HDL-GT、GTRシリーズ)専用液晶ユニット。本体に幅60×高さ18mmの液晶ディスプレイを装備しており、HDL-GT、GTRシリーズのUSBポートに接続することで「LANDISKの名前」やIPアドレス、共有ボリュームのディスク空容量、RAID状態の変化などの日本語での表示に対応。ディスプレイ下にある4つのボタンを操作することで、同製品に接続したHDL-GT、GTRシリーズのIPアドレス設定をPCを起動させることなく行える。そのほか、HDL-GT、GTRシリーズにスタックして使用可能で、電源は接続したHDL-GT、GTRシリーズの電源ON/OFFにあわせて連動。ホットプラグに対応しており、任意のタイミングで本体から取り外すことができる。

 そのほかの仕様として、インターフェースはUSB2.0×1(HDL-GT、GTR専用)/USB2.0 ホスト×1(UPS接続専用)。本体サイズは幅170×高さ50×奥行き230mmで、重さは780g。長さ1mのUSBケーブル、ラバーフット(4個)が付属。
《》

関連ニュース

特集

page top