アビッド、プロ向け技術を応用したUltimate Ears製の高級カナル型イヤホン | RBB TODAY

アビッド、プロ向け技術を応用したUltimate Ears製の高級カナル型イヤホン

IT・デジタル その他

Triple.fi 10 Pro
  • Triple.fi 10 Pro
 アビッドテクノロジーは10日、同社の1部門であるエムオーディオより、プロ向け技術を応用したというUltimate Ears製のカナル型イヤホン「Triple.fi 10 Pro(トリプル・ファイ・テン・プロ)」を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。9月中旬〜10月初旬に発売を予定している。

 同製品は、Ultimate Earsの有するプロ向け技術を応用することで、カスタムメイドのイヤーモニターと同じ音の特性を提供するというハイスペックモデルのカナル型イヤホン。高音域および中/低音域専用のバランスド・アーマチュア方式を採用する2ウェイ3スピーカー構成としたほか、パッシブクロスオーバーテクノロジーによるネットワークや、高音域と中/低音域をそれぞれ独立して出力する楕円型ホール「デュアルボア構造」を採用することで、高音質およびワイドレンジ再生の両立を図っている。

 耳に掛ける部分には形状変更が可能なワイヤーを採用。耳の上から後頭部へケーブルを誘導するため、髪型を乱すことなく着用可能としたほか、スポーツ時などの激しい動きにもイヤホンが外れにくいように配慮されている。また、イヤホンとケーブルは着脱可能で、万が一、ケーブルが断線した場合にも別売のスペアケーブルと差し替えられる仕様となっている。そのほか、カナル型構造により遮音性を26dBとしたことに加え、大/中/小サイズのシングルフランジ・シリコンイヤーチップを各2個、およびダブルフランジ・シリコンチップを2個、フォームチップを2個同梱することで装着性を高めるとともに、外部ノイズを適度に遮音できるように配慮している。

 周波数特性は10Hz〜17kHzで、インピーダンスは32Ω。入力端子は金メッキ処理を施したステレオミニ。ケーブル長は130cmで、ケーブルを含む重さは17g。長さ60cmの延長ケーブル、標準プラグの変換アダプタなどが付属。
《》

関連ニュース

特集

page top