ロジクール、快適操作が可能な立体的カーブ採用の無線キーボードにレーザーマウスを同梱 | RBB TODAY

ロジクール、快適操作が可能な立体的カーブ採用の無線キーボードにレーザーマウスを同梱

IT・デジタル ノートPC

Cordless Desktop Wave(キーボード)
  • Cordless Desktop Wave(キーボード)
  • Cordless Desktop Wave(マウス)
 ロジクールは10日、ゆるやかな曲線のデザインを採用したコードレスキーボードとコードレスレーザーマウスのセット「Cordless Desktop Wave」を発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は11,800円。9月7日発売。

 同製品は、無線の日本語107キーボードに、同じく無線のレーザーマウスを同梱したセット製品。キーボード、マウスともに人間工学に基づき、快適性を追求したというゆるやかな曲線のデザインを採用。そのほか、電池残量が少なくなるとLEDが点灯する電池残量インジケータを装備する。

 キーボードは、キーボード面を立体的にカーブさせた「コンフォートウェーブ」デザインを採用。小指で押される「A」と「Enter」キーを最も高くしたほか、波形キーフレームに合わせた形状の柔らかいパームレストを装備するなど、快適に操作できるように配慮している。機能面として、フォルダを開いたり、アプリケーションの実行などを割り当られるホットキーを搭載。また、ショートカットキーを使用することで、フリップ3D/ズーム/フォトギャラリー/ガジェットなどといったWindows Vistaの機能に直接アクセスが可能な仕様となっている。

 マウスは解像度が800dpiの5ボタンコードレスレーザーマウスで、左右対称のシンメトリーデザインを採用。グリップ部分には、手触りの良いソフトラバーを装備する。

 キーボード、マウス共通の仕様として、対応OSはWindows Vista/XP、Mac OS X 10.3.9以上で、インターフェースはUSB。操作距離は約1mで、電源は単3形電池×2。本体サイズは、キーボードが幅480×高さ41×奥行き253mmで、バッテリーを含む重さは1kg。マウスは幅68×高さ41.2×奥行き120.5mmで、バッテリーを含む重さは135g。レシーバーのサイズは幅21×高さ9.5×奥行き65mmで、重さは9g。
《》

関連ニュース

特集

page top