ブラウザから閲覧可能なセカンドライフ用マッピングサービス | RBB TODAY

ブラウザから閲覧可能なセカンドライフ用マッピングサービス

エンタメ その他

セカンドライフ内イメージ
  • セカンドライフ内イメージ
  • 一覧からエリア選択
 カラーチップスは24日、3D仮想空間「セカンドライフ」向けのソーシャルランドマーク「dosl(どーする)」を発表した。サービス提供は25日からで、ユーザーは無料で利用できる。
 
 doslは、セカンドライフの地図作成サービス。ユーザーが興味を持った場所・スポットを登録してオリジナルの地図を作り、ほかのユーザーに公開できる。地図の閲覧はブラウザ上からも可能。セカンドライフにログインしていないときでもセカンドライフ内の情報を確認できる。同社では、初心者向けの旅行ガイドやユーザー同士の情報交換ツールなどとしての利用を想定している。
《小林聖》

関連ニュース

特集

page top