サン、プロセッサ3種の異種ブレードが共用可能なモジューラ・システム | RBB TODAY

サン、プロセッサ3種の異種ブレードが共用可能なモジューラ・システム

エンタープライズ その他

Sun Blade 6000シャーシ:10RUサイズに電源、ファン、IOモジュールなどが設置される
  • Sun Blade 6000シャーシ:10RUサイズに電源、ファン、IOモジュールなどが設置される
  • T6300の外観。同一シャーシを共用するので、X6250、X6220も外観はほぼ同じ
  • Sun Blade X6220の内部。プロセッサはクアッドコアXeon
  • Sun Blade X6250の内部。プロセッサはデュアルコアOpteron
  • Sun Blade T6300の内部。プロセッサはUltraSPARC T1
 サン・マイクロシステムズは11日、ブレード型サーバ「Sun Blade 6000モジューラ・システム」を発表した。出荷は8月下旬に開始される予定だ。

 今回発表されたのは、クアッドコアXeonを搭載する「Sun Blade X6250サーバ・モジュール」、デュアルコアOpteronを搭載する「Sun Blade X6220サーバ・モジュール」、UltraSPARC T1を搭載する「Sun Blade T6300サーバ・モジュール」、およびNetwork Express Moduleとシャーシ管理モジュールを1基ずつ備えた「Sun Blade 6000シャーシ」の4製品。価格はそれぞれ58万1,700円、62万8,950円、94万3,950円、86万4,150円から。

 Sun Blade 6000モジューラ・システムは、3種類のプロセッサを搭載した異種ブレードの同時使用が可能なことにくわえ、Solaris、Windows、およびLinuxのマルチOSをサポートする。また、既存のSun Fireサーバ・ファミリと同一の管理フレームワークを採用するのが特徴だ。

 Sun Blade 6000シャーシは、10RUの設置スペースに10枚のサーバ・モジュールと冗長構成の電源装置、冷却機構、I/Oモジュールを格納できる。各モジュールはシャーシ稼働中の交換・追加に対応する。

 Sun Blade X6250サーバ・モジュールの仕様は、クアッドコアXeon L5310(1.6GHz)、E5320(1.86GHz)、E5345(2.33GHz)、X5355(2.66GHz)、デュアルコアXeon 5160(3.0GHz)を1、または2基、メモリは2〜64GB、HDDは0〜584GB、PCI Expressバスは4本、ギガビットLANは2基、Solaris 10 OS、Linux、Microsoft Windows Server、VMware ESX Serverが利用可能。

 Sun Blade X6220サーバ・モジュールの仕様は、デュアルコアOpteron 2212(2.0GHz)、2218(2.6GHz)、2220(2.8GHz)、2222(3.0GHz)を2基、メモリは4〜64GB、HDDは0〜584GB、PCI Expressバスは4本、ギガビットLANは2基、Solaris 10 OS、Linux、Microsoft Windows Server、VMware ESX Serverが利用可能。

 Sun Blade T6300サーバ・モジュールの仕様は、UltraSPARC T1 1.0/1.2/1.4GHzを1基でコア/実行スレッド数は6/24、または8/32、メモリは4〜32GB、HDDは0〜584GB、PCI Expressバスは4本、ギガビットLANは2基、Solaris 10 OSとの組み合わせにより論理パーティショニングによる仮想化技術「ロジカル・ドメイン(LDoms)」や、ソフトウェアによる仮想化技術「Solarisコンテナ」が利用可能。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top