日立情報システムズ、地球環境への負荷を低減する「環境データセンタ構想」 | RBB TODAY

日立情報システムズ、地球環境への負荷を低減する「環境データセンタ構想」

 日立情報システムズは29日、地球環境への負荷を低減する「環境データセンタ構想」に着手すると発表した。

エンタープライズ その他
 日立情報システムズは29日、仮想化技術の適用を中核にデータセンタの省エネルギー対策を推進し、地球環境への負荷を低減する「環境データセンタ構想」に着手すると発表した。この構想によって、運営するデータセンタの総電力消費量を、2010年度に30%削減することを目指す。具体的には、自社サーバの統合で検証した仮想化実績・ノウハウをもとに、データセンタのサーバに仮想化技術を適用。サーバの統合とリソース割当の最適化(メモリ、ストレージなど)を推進する。また、データセンタへの仮想化技術適用にVMWare社の製品を採用し、省エネルギーに配慮した仮想化製品・技術のノウハウを蓄積する。低電力サーバ・機器の採用推進、機器の待機電力削減、低電力空調機の採用など省電力化や、ラック、機器、空調機の最適レイアウトによるエネルギー効率の向上、センタ冷却方式、熱気吸気方式の改善による熱溜りの解消、ラック内冷却方式の改善、空調専門家の育成などの放熱対策を推進する。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top