バッファロー、IEEE802.11a/b/gの同時接続が可能な無線LANブロードバンドルータ | RBB TODAY

バッファロー、IEEE802.11a/b/gの同時接続が可能な無線LANブロードバンドルータ

IT・デジタル ノートPC

CardBus用無線子機とのセットモデル「WHR-AMPG/P」
  • CardBus用無線子機とのセットモデル「WHR-AMPG/P」
  • USB用無線子機とのセットモデル「WHR-AMPG/U」
  • LAN端子用無線子機とのセットモデル「WHR-AMPG/E」
 バッファローは27日、IEEE802.11a/b/gの同時接続に対応した無線LANブロードバンドルータ「WHR-AMPG」を発表。価格は12,075円。また同時に、対応する無線子機も発売。親機とのセットモデルも用意されている。すべて7月中旬発売。

 WHR-AMPGは、IEEE802.11a/b/gに対応し、同時接続が可能な無線LANブロードバンドルータ。無線子機の規格に合わせて切り替えをする必要がない。11aでデジタル家電を接続し、11b/gで家庭用ゲーム機やPCを接続するなど、複数の規格を効率よく使い分けて同時通信ができる。

 同社の無線LAN設定システム「AOSS」のほか、標準規格の「WPS」にも対応。また、高速な有線ルータやネットワーク上のデータに優先順位をつけるWMM機能、有線QoS機能により、ストレスのない快適な通信を実現するという。セキュリティ規格は「WPA2」に対応している。そのほか、ケーブル配線だけでインターネットに接続ができる「インターネット@スタート」や、直感的に操作できる「WEB詳細設定」などの機能を備える。

 対応OSはWindows Vista(32ビット版)/XP/2000/ME/98 SE。本体サイズは幅28×高さ130×奥行き144mm。重さは240g。

 IEEE802.11a/b/g対応の無線子機は、CardBus用の「WLI-CB-AG」、USB用の「WLI-UC-AG」が用意されている。対応OSはWindows Vista/XP/2000。価格はともに4,200円。WHR-AMPGとのセットモデルは、CardBus用が「WHR-AMPG/P」、USB用が「WHR-AMPG/U」で、価格はともに14,280円。そのほか、WHR-AMPGとLAN端子用無線子機のセットモデル「WHR-AMPG/E」も19,530円で発売される。
《》

特集

page top