【総務省】コンテンツ市場規模は11.3兆円超、ネット流通は急速拡大 | RBB TODAY

【総務省】コンテンツ市場規模は11.3兆円超、ネット流通は急速拡大

ブロードバンド その他

コンテンツ市場のグラフ
  • コンテンツ市場のグラフ
 総務省は6月20日に、「メディア・ソフトの制作および流通の実態」調査結果を公表した。

 総務省では様々なメディアを流通するコンテンツ(メディア・ソフト)の制作・流通状況に関する調査・分析を毎年行っており、今回は、地上テレビ番組の輸出等の実態についても調査を実施。今回調査結果が公表された。

 コンテンツ(メディア・ソフト)の市場規模は、2000年〜2003年は10兆円9千億円を上下していたが、2004年に11兆627億円となり11兆円を突破、2005年には前年比2.1%増の11兆2,947億円まで拡大した。利用者側の状況を見ると、インターネット(パソコン、携帯電話)利用者の76.0%が、有料コンテンツの利用を経験。有料コンテンツの一人当たり利用金額がもっとも大きいのは映像系(月額723円)となっている。また地上テレビ放送番組の輸出市場は100億円規模。アニメ、ドラマ、バラエティの占める割合が多い。

 詳細についてコンテンツの分野ごとに見ると、映像系ソフト(テレビ番組、映画等)が5兆3,090億円(04年比4.6%増)と拡大。音声系ソフト(音楽、ラジオ番組等)も9,630億円(04年比2.0%増)と増加した。テキスト系は5兆227億円(04年比0.4%減)とやや減少した。

 また流通ごとに見ると、一次流通市場が8兆8,967億円(前年比0.4%増)なのに対して、マルチユース(二次利用)市場は2兆3,980億円(前年比8.7%増)と引き続き大きく伸び、市場全体の2割超に拡大した。

 パソコン、携帯電話等を利用したネットワークでの流通は、04年比16.9%の1,166億円の増加で8,067億円規模となり、2桁の高い伸びが続いている。コンテンツ市場全体では7%にまで拡大している。

 一方でコンテンツの制作金額は3兆9,135億円(04年比0.1%減)であり横ばいで推移している。

  本調査は、情報通信政策研究所(IICP)が情報通信経済室と共同で実施したもので、詳細は総務省ホームページで閲覧可能。調査結果概要はPDFファイルとして入手可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top