NEC、持ち込みPCを社内ネットワークから遮断するソフトウェア「InfoCage 不正接続防止」 | RBB TODAY

NEC、持ち込みPCを社内ネットワークから遮断するソフトウェア「InfoCage 不正接続防止」

 日本電気(NEC)は14日、許可されていない持ち込みPCを社内ネットワークから瞬時に遮断するセキュリティ製品「InfoCage 不正接続防止」を発表した。価格は最小構成で42万円から。出荷開始予定日は7月17日。

エンタープライズ その他
管理画面イメージ
  • 管理画面イメージ
 日本電気(NEC)は14日、許可されていない持ち込みPCを社内ネットワークから瞬時に遮断するセキュリティ製品「InfoCage 不正接続防止」を発表した。価格は最小構成で42万円から。出荷開始予定日は7月17日。

 InfoCage 不正接続防止は、セキュリティ製品「SecureVisor」の機能を強化し、「InfoCage Networkシリーズ」の1製品としてラインナップに組み込んだもの。効率よい管理を実現するグルーピング機能、不正接続の形跡を把握する証跡機能、管理対象台数を3,000台から1万台にまで拡大するなど管理機能を強化したほか、クラスタリングソフト「CLUSTERPRO X」と連携した管理サーバ冗長化やWindows Vista対応などが盛り込まれている。

 また、InfoCage 不正接続防止とインターネットセキュリティシステムズの不正侵入検知防御システム「Proventia Network IPS」を連携させた「ワーム感染拡大防止システム」を7月17日より発売する。価格は最小構成で93万9,750円。

 ワーム感染拡大防止システムは、Proventia Network IPSがワームやウイルスに感染したPCを検知すると、InfoCage 不正接続防止にその情報が通知されて問題となるPCをネットワークから遮断することで被害を最小限に抑えるというもの。

 同社では、協調型セキュリティ関連ビジネスで2009年度までに600億円の販売を見込んでいる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top