オンキヨー、iPodの再生可能なオーディオコンポなど | RBB TODAY

オンキヨー、iPodの再生可能なオーディオコンポなど

IT・デジタル その他

X-T1X
  • X-T1X
  • DS-A1X
  • X-T1CRX
 オンキヨーは8日、ハイファイコンポの音質技術を取り入れたCD/MDコンポ「X-T1X」、オンキヨーコンポと接続可能なiPod専用ドック「DS-A1X」、X-T1XのCDチューナーのみのモデルにiPod専用ドックを付属させた「X-T1CRX」の3製品を7月13日より順次発売すると発表。

 X-T1Xは、音質に影響するノイズ問題の解消と、低音増強技術「エアロ・アコースティックドライブ」の搭載により、クリアで豊かな低音再生を実現させたCD/MDコンポ。キャビネット容積を従来機の約1.5倍に拡大してバスレフダクトの構造を一新したほか、独自開発のスピーカーユニット「8cmA-OMFコーンウーファー」や伸びのある高音再生を実現する「2cmバランスドームツィーター」なども搭載。ハイクラスな音楽再生を目指す。

 DS-A1X は、X-T1Xをはじめ、RI端子を装備するオンキヨーコンポに接続が可能なiPod専用ドック。コンポに接続すれば、リモコンでiPodの再生や選曲、シャッフルやリピートなどの操作が可能となる。

 X-T1CRXは、iPod専用ドックが付属したX-T1XのCDチューナーモデル。X-T1X同様に、「エアロ・アコースティックドライブ」や「8cmA-OMFコーンウーファー」「2cmバランスドームツィーター」などを搭載。ハイクラスなサウンドでCDやiPodの再生を目指す。

 各製品の主なスペックや価格は以下のとおり

●X-T1X
・実用最大出力(JEITA、6Ω):10W+10W
・最大入力:40W
・インターフェース:アナログ入力端子×1、アナログ出力端子×2、ヘッドホン端子×1、RI端子×1
・消費電力:42W
・定格インピーダンス:6Ω
・本体サイズ(アンプ部):幅298×高さ204×奥行き222mm
・本体サイズ(スピーカー1台):幅133×高さ232×奥行き224mm
・重さ(アンプ部):3.7kg。
・重さ(スピーカー1台):1.1kg
・予想実売価格:44,800円
・発売日:7月13日

●DS-A1X
・インターフェース:RI端子×1、RCAアナログ音声出力端子×1、コンポジット映像出力端子×1
・本体サイズ:幅112×高さ60×奥行き112mm
・重さ:220g
・予想実売価格:8,400円
・発売日:8月11日

●X-T1CRX
・実用最大出力(JEITA、6Ω):10W+10W
・最大入力:40W
・インターフェース:アナログ入力端子×1、光デジタル出力端子×1、アナログ出力端子×2、ヘッドホン端子×1、RI端子×1
・消費電力:39W
・定格インピーダンス:6Ω
・本体サイズ(アンプ部):幅298×高さ204×奥行き222mm
・本体サイズ(スピーカー1台):幅133×高さ232×奥行き224mm
・重さ(アンプ部):3.2kg。
・重さ(スピーカー1台):1.1kg
・予想実売価格:44,800円
・発売日:7月20日
《》

特集

page top