NEC、Web2.0関連ソフトのスイートパッケージ「SuiteTwo」日本語版の開発を表明 | RBB TODAY

NEC、Web2.0関連ソフトのスイートパッケージ「SuiteTwo」日本語版の開発を表明

エンタープライズ その他

 日本電気(NEC)は6日、米国のインテル社およびスパイクソース社と「Enterprise2.0」領域で提携したと発表した。同社では今回の提携について、「Enterprise2.0製品としてブログやWiki、RSSなどのWeb2.0領域のツールを企業内/企業間コミュケーション強化に活用するもの」だと発表。ブログやWiki、RSSのソフトをパック製品化したスパイクソース社の「SuiteTwo」(スイートツー)の日本語版を開発し、日本市場向けに投入するとしている。

 SuiteTwoは、ブログソフト「Movable Type Enterprise」(SixApart社製)、Wikiソフト「Socialtext」(Socialtext社製)、RSSソフト「NewsGator」(NewsGator社製)を組み合わせ、新たにシングルサインオン、統合ユーザ管理、検索機能を付加したパッケージ製品。各ソフトを個別に導入する場合に比べ、導入や運用・保守が容易になるほか、シングルサインオンや横断検索機能を搭載することでエンドユーザの利便性も大幅に向上しているという。なお、米インテルはSuiteTwoのマーケティング活動を全世界で展開しており、今回のNECとの提携はその一環だとしている。

 NECではSuiteTwoの日本語版に関して、2007年度第2四半期(7〜9月)より、中堅・中小規模企業や大企業の部門向けにASPサービスとして事業を開始し、下期にはパッケージ商品として発売するとしている。

 さらに、企業内での活用を促進するために、「適用業務に合わせて作成した画面レイアウトやプラグインなどのテンプレートの整備」「コンテンツ管理、セキュリティ製品などとの連携システムの提供」「社内のSWQC(ソフトウェア品質・生産性向上活動)などでの適用例を元にした導入支援サービスの提供」を進めていくとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top